Friday, 9 June 2017

Emacs 25 の続き

というわけで、Emacs 25 と Agda 2.5.2 は、xterm/Terminal.app 上では完全に壊れてしまって。C-C C-L するたびに→が増殖する始末。気持ちはわかる。Emacs は昔の端末流に描画の最適化ってのをやるわけ。この位置だけ書き換えればよい的な。それを、Unicode 上でやると、どうしても位置がずれる。Terminal 上での描画幅は正確には知り得ないから。でも、行頭から順に描画すれば良いはず。なので、vim とか Emacs 22 では問題ない。壊したのがいるってことね。

しょうがないので、GUI版を試してみようと思うわけですが、どうinstallするのかが謎。結論的には Mac OS X では、Homebrew で、

  brew tap caskroom/cask

  brew cask install emacs


とすれば良いらしい。また、Emacs 入れ替えか。

Agda 側は

brew install agda

で良いらしいです。Haskell は brew install ghc らしい。

で、GUIで立ち上がるわけですが、

Font が小さい

いや、 2880x1778 で k14 使っている僕が言うんだから、かなり小さい。文字幅1mmないだろ。でも、Agda は動いているっぽい。

で、Emacs の文字の大きさを変える旅に出るわけです。

C-X C-+

で一時的に大きくなるのはすぐにわかりました。そして、Option Menyu に Set Default Font... がある。大きくして、Set Default Font か。

もちろん、再起動で元に戻る

あ、あーん? で、見つけたページがこれ。

Emacs:一発で文字サイズを変更する方法
http://lioon.net/emacs-change-font-size-quickly

つまり。「GUIから文字サイズを変える手段はない」ということらしい。.emacs か! そこで、

Set Default Font... を押すと Font Menu は出てる

というのには気がつきました。でも意味はないらしい。 Set Default Font... ってのは嘘ってことね。Font Menu は閉じないと再起動でも開く。なんだよ。

なんですが、このページに書いてある通りにしても動かない。Twitter でぐちっていたら、

.emacs があると、.emacs.d/init.el は読まないよ

って、ばっちりそれでした。mv ~/.emacs ~/.emcas.d/init.el か。

それで動いたんですが、翌朝になるとまた動かない。なんだよ〜

そのうち、

fontset-standard undefined

とか言われて、New window もできないように。

で、init.el の中で frame の font を指定してみたら、

VL Gothinc not found

とか言ってる。そうか、
    (set-fontset-font "fontset-standard"
              'ascii
              (font-spec :family "VL Gothic" :size 20) nil 'prepend)  ;; ここでサイズを指定
    (set-fontset-font "fontset-standard"
          'japanese-jisx0213.2004-1
          (font-spec :family "VL Gothic") nil 'prepend)

    (setq default-frame-alist
          (append (list 
                   '(font . "fontset-standard"))
                  default-frame-alist))

そのままコピペしたのがだめなんだな。VL Gothinc を monaco に変えたら動きました。あ〜 疲れた。

vim 版の Agda を試してみるべきだな。
Post a Comment