Wednesday, 24 January 2018

簡単なサーバ

getaddrinfo を使って、IPv6/IPv4 両方に対応するサーバとクライアントを書くという簡単な課題ですが、趣味で、

  Perl

です。Cのもあるんだけど。IPv6 は余計なアドレスを割り振る傾向があって、どれがつながるかは簡単にはわからない。つながらないのも割り振られてます。まぁ、シス管issue だな。もう書いてあるので、試すだけ。

「じゃ、やって」で、教卓にある自分のMBPのサーバに繋げてもらうわけですが、

  最初は誰もやらない

なんだよ。さっさとやれよ。そこにリンクあるから、落として Perl 動かすだけだろ? 今、やってみせたばかりだろ?

でも、時間かかる。最初はぽつぽつくらい。最初の10人くらいまでが時間かかる感じ。その後は少し速くなるんですが、30人が時間内ぐらいか。おかしいなぁ。もっと、この授業は受けてる学生多いはずなんだが...

OSに限らず、結局、課題を自分の手でやるかどうかにかかってるんだよな〜 自分の手でやる癖を付けさせないと。
Post a Comment