Sunday, 17 December 2017

さらに ansible kernel build の続き

いろいろトラブったのですが、

  make menuconfig

を ansible script から通す方法がない。結局、いろいろググりまくった挙句、

  config file を取っておいて、それを送り込み
  make olddefconfig

してやるのが良いみたい。これで、kernel build まで ansible で通りました。

で、build したソースを VM host にコピーして、build したVMを qemu の debug mode で立ち上げて出来上がり。

な、はずだったんですが、back trace が死んでる。

どうも、linux kernel は address randomize をするらしく、それを config の時に切ってやらないといけないらしいです。

  http://tinyurl.com/y8oxjfw5

で、ansible から再 build 中。これで kernel debug できるかな?

  http://www.cr.ie.u-ryukyu.ac.jp/hg/Ansible/fedora_kernel_build/

この ansible script 、来年は絶対に動かない予感。
Post a Comment