Friday, 17 February 2017

学生インタビュー

卒論修論の審査関係はほとんど終わって、あとは修士のポスター発表かな。その前にあるのが、学生インタビュー。

導入されたのは去年からかな。学生が大学の教育をどう思っているかを聞き出すわけですが、まぁ、難しいかな。

* 先生ではなくて第三者がインタビューする方が良いんじゃないか?

それでもアンケートよりは、こっちの聞きたいことを直接聞けるのが良いです。学生が統計の授業の一貫として行う授業アンケートもあるんですが、項目をこちらでコントロールできなくて、聞きたいことが聞けない。単にレベルの高い授業を難しいとか言っているだけのアンケートとか参考にはならないし、そんなのをまともに扱っていたら、どんどんん授業のレベルが下がってしまう... まぁ、落ちこぼれている学生は結構いるんですが...

去年聞いたのと同じような答えが返ってくるのは、やっぱり、情報を引き出せてない感じかなぁ。この手のインタビューの専門家とかいないのかな。もっとも、卒論と修論で80人ぐらいいるので結構大変なんですが。

学生には大学で自信をつけて卒業していって欲しいが、自己評価の低い学生が結構。それは大学教育が失敗しているということなので、教える側の問題点なんだよな。でも、それはゆとりっぽいかなとも思います。そのゆとり世代も今年が最後か?
Post a Comment