Monday, 14 November 2016

この世界の片隅に

最初に見た時には沖縄ではやらないのかと思っていたんですが、桜坂で上映ということで見てきました。

まぁ、ねたばれしようがない話なんですが、呉と広島の戦時中の生活を淡々と描いた話です。

実家は池袋で家が焼けなかったところだったわけですが、焼夷弾の話とかは子供の頃、良く聞かされてました。消すとか絶対に無理だったらしいが... 絨毯爆撃だが、縞模様に焼けなかったところがあったらしい。

長男は徴兵されて、次男の父はギリギリ徴兵されなかった。そういうわけで、自分の父母の世代の話に近い。叔父の一人が祖父の話を本にまとめてくれたので、ちゃんとした記録になってます。母は伊東に疎開していたそうです。

そんな戦争中の話を父母や祖母から聞いているような、そんな感じのアニメでした。

http://konosekai.jp
Post a Comment