Thursday, 1 December 2016

Docker

OSの授業では Container の演習として Docker もやってます。Ansibleもやってるので、DockerFile と Ansibleのファイルがごっちゃになるが、仕方ないか。

なんだが、

学科のServer上のDockerを解放してしまうとなんでもできてしまう

別に、VMも学生に建てさせているわけなので、それがなんだっていう気もするんですけどね。VM側は「シス管の監査」なる手順が... まぁ、

演習用のVMは普段は落としておけ

っていう指導だったりします。

で、Dockerの方にも wrapper をかまして、

Javaしか走らないie-docker

ってのを作った。いや、

Javaが動けばなんでもできるだろ?

って、まぁ、そうなんだけど。

大域アドレスはセキュリティ的にどうのこうのと文句を付けた人に屈したらしく、うちも class B を持っていながら private addressになったんですが、

さくらクラウドも演習で使ってる

ので、もはや private addressに制限されても、学生は今まで通りサーバ建て放題だったりします。

まぁ、そうだよね。まぁ、うちはハッカー養成所なので、そんなもんだよっていう気もします。

今年は去年の学生に比べて、まじめに課題やってくれてるみたい。今後が楽しみだ。
Post a Comment